看護師派遣 口コミ

排泄援助技術

患者さんの生活援助の中で非常に重要なのが排泄の援助です。

 

患者さんは、疾患によって排泄行動が自立出来なくなったり、オペ後の安静などのため排泄行動に制限がかかる場合などがあります。

 

そういった時は、尿器や便器を用いての排泄や、オムツによる排泄などになりますから、援助が必要になりますね。

 

排泄する際は、出来るだけ自立出来るよう援助します。

 

排泄って、やはり人には見られたくないものだし、ストレスなく排泄出来ることが自然な排泄につながりますよね(´・Д・)」

 

尿意や便意はあるか。
移動動作は可能か。
排泄時の衣類の着脱は可能か。
排泄時、姿勢は保持できるか。
排泄後の後始末は自分でできるか。

 

そういったことをアセスメントして、必要な援助を行うのです。

 

トイレに行って排泄を行うことが一番患者さんにとっても望ましい事ですが、トイレに行く事が困難な場合もあります。

 

そういった場合、ベッド上で尿器や便器を使用して排泄をすることになりますが、日頃トイレで排泄をしている人にとってベッド上の排泄はとても難しいことです(;´Д`A

 

まずは、羞恥心がありますね。
周りの患者さんが気になったり、排泄の音や匂いが気になったり…。

 

また、ベッド上での排泄では腹圧がかかりづらく、気張る事も出来ません。

 

ですから、そういった羞恥心に配慮したり、腹圧がかかりやすい体制を整えることも大事ですね。

 

そして、患者さんがゆったりとした気持ちで排泄できるような配慮が一番大切ですね(*^_^*)

 

排尿困難がある時は、水音を聞いてもらったり、微温等を陰部にかけることも排尿を促すことができます。

 

前立腺肥大や脊髄障害、全身麻酔時などによって自然排尿が困難な場合は、膀胱留置カテーテルによる排尿を促しますが、この場合は、尿路感染症のリスクも高くなりますから十分に注意が必要ですね。

 

また、入院で寝たきりになると、便秘になりやすくなりますよね。

 

自然排便を促すには、十分な水分摂取、食物繊維を含む食事、腹部のマッサージやウォシュレットなどによる肛門刺激が効果的です。

 

それでも排便が促せない場合は、腸閉塞など起こさないよう下剤や浣腸が必要となることもあります。

 

尿失禁や便失禁で皮膚に排泄物が長く触れていると、皮膚トラブルを起こしやすくなります。

 

こまめに取り除く事と、排泄の状態をよく観察し、自立排泄を促すケアも大切ですねd(^_^o)