看護師派遣 口コミ

発症してからでは遅い!アルツハイマーは40代、50代の生活習慣がカギを握っている

日本における認知症の患者さんというのは、何人いると思いますか?
認知症の患者さんというのは550万人とも言われ、認知症予備軍の方は310万人もいるんです。
そして、認知症の患者さんは年々増加していているんですよね。
毎年770万人も増え続けているんですから驚いてしまいます。

 

認知症の中でも最も多いのが、アルツハイマー型認知症です。
アルツハイマー型認知症というのは、糖尿病の患者さんと同じように増加し続けているんです。
認知症というと、高齢者がかかるものだと思っている方がほとんどだと思います。
しかし、高齢者が発症する病気ではなく、若い方でも認知症の方が増えているんです。
若年型の認知症というのは、20代から発症する事があり、進行がとても早いので深刻な病気なんです。
アルツハイマー病を発症すると、物忘れをするばかりではないんですよね。
妄想や暴言、暴力行為があったりするので、介護するのがとても困難なんです。
アルツハイマー型認知症は、一度発症してしまうと治る事がないんです。
認知症というのは、65歳以上の8人に1人は発症すると言われていますから、
この確率はかなり高いですよね。
だから、誰にでも起こる可能性がある病気なんです。
高齢者ばかりではなく、若い方でもかかる可能性は十分にあるんですよね。
認知症を発症しない為には、生活習慣を改める事が大切なんですよ。
実は、40代、50代の生活習慣が、アルツハイマー型認知症を予防するカギを握っているんです。
まだ若いからと言って安心する事はできませんよね。
アルツハイマー型認知症は、誰にでも起こる可能性がある病気ですから、

今のうちから生活習慣を改める必要があります。
アルツハイマー型認知症の間接的な物質を増加させない為にも、生活を改める事が大切です。