看護師派遣 口コミ

混合病棟について

混合病棟は、様々な疾患の方が入院されていて、状態も様々なので、働き始めはとても戸惑いました。

 

でも、先輩看護師が最初は一緒に働いてくださって、その都度、その都度助言してくださるので、その辺りは安心して出来ました。

 

急性期の患者さんの対応はとても緊張して、もう私には出来ないな、なんで看護師という職業を選んでしまったんだろう、と後悔する気持ちを持つこともありましたが、先輩達も同じような思いを乗り越えて今働いていらっしゃることを知ってからは、出来ることを出来る限り頑張っていこう、という気持ちになりましたよ。

 

複数の科の患者さんがいるということは、それだけドクターもいるわけで、ドクターとの連携が他の病棟に比べてとても重要になってくると思います。

 

ドクターによって医療に対する思い、熱意、やり方も違いますし、一方的な指示で動いていては、患者様にとってのより良い看護にはつながらないので、看護師同士の連携はもちろん、疑問がわいたらすぐにドクターに質問したり、気になる患者さんについての情報も出来るだけタイムリーに伝えられるよう、積極的に関わっています。

 

入院されている方はご高齢の方が多く、自立して動ける方も少ないですし、入院が長引いている患者さんもいます。

 

より良い治療、看護を受けて、ご自宅に帰られることが出来るよう、声掛けもしています。

 

でも、誰もが気持ちよくご家庭に帰られるわけではないようで、それぞれのご家庭の事情が分かったりすると、切ない思いにもなったりします。

 

ママさんナースも多いので、お互いに励まし合いながら働いています。

 

看護師の仕事は身体的にも精神的にも負担が大きいので、どうしても家庭にしわ寄せがいきがちで、でも、仲間がいる、自分だけではない、と思うと、気持ちに少しゆとりが出来ます。