看護師派遣 口コミ

核家族や子供のいない夫婦、親戚付き合いのない家族も増えています。家族の繋がりはこんな時代にこそ必要だと思います。

病棟で働いていると、毎日いろいろな患者さんを見る事になりますが、最近、
身寄りのない患者さんが増えている事に、不安になってしまいます。
お見舞いに全然来ない方もいるので、その都度連絡するようにしているんですが、キーパーソンになっている家族に連絡しても、
病院に来てくれない、といった事が多々あるんです。
これも、核家族化のせいなんでしょうか?
キーパーソンになっている方が県外などの遠方に住んでいたり、遠い親戚だったり、子供に先立たれてしまって、
親戚付き合いがほとんどない患者さんもいます。
そのような孤独な患者さんが最近とても増えているんです。

 

身寄りのない患者さんにとって、入院生活というのは、本当に辛いものです。
入院している事で、自由が奪われてしまいます。
病気に対する不安もありますし、ストレスを抱えながら入院生活を送っている状態です。
そのような生活を送っている中で、一番の励みは、家族が病院に来てくれる事なんです。
入院している時には自由が効きませんから、身の回りの世話をしてくれる家族がいるのは、本当に有難いものです。

 

看護師は、孤独な入院生活を送っている患者さんに対して、心のケアをするのも仕事です。
孤独な思いをしている患者さんには、なるべく寄り添うようにして話しを聞きたいと思っているんですが、
日々の忙しい業務の中で、なかなか時間が取れない事にストレスを感じる時があります。
でも、患者さんに寄り添って、悲しみや不安を癒す時間が取れたとしても、家族の力にはかないません。
核家族や子供がいない夫婦が増えて、家族の繋がりがだんだん薄れていくような現代ですが、
家族の繋がりというのは本当に大切なものだ、という事を実感しています。